英語は幼少期から学ぶのがよいと言われていますが、その理由を見てみましょう。

幼少期から始めることが大事!英語を身につけるメリットと得られる相乗効果

幼少期から英語を学ぶメリット

日本人の子どもが親と一緒に生活するだけで日本語を習得できるように、幼少期は知識の吸収力が高く、大人よりもスピーディーに英語を習得できる可能性が高いです。

 

また、学校で学ぶ英語の授業だけではネイティブな英会話を習得することが困難ですが、幼少期から生きた英語で会話する環境を用意すれば、自然で綺麗な発音の英語を身につけることができます。

 

このように幼少期から英語を学ぶ一番のメリットは習得率が高くて発音が良くなることですが、その他にも子どもの成長に幅広い相乗効果を与えるメリットがあります。
英語を効率的に習得できるメリットと英語を習得することで派生する相乗効果の項目に分けて、幼少期から英語を学ぶメリットを紹介いたします。

 

幼少期ならではの成長力

 

英会話を習得する子ども

 

幼少期から英語を学んだ場合、大人に比べて以下のメリットがあります。

 

  • 脳が柔らかいので習得するのが早い
  • 英語耳を鍛えられる
  • 英語と日本語を分けて判断できる

 

幼少期は脳が柔らかいので習得のスピードが速いです。
一般的に小学生以下(12歳まで)なら、海外での生活でいきなり現地の学校へ送り込んでも生活の中で自然と英語を習得することができると言われています。
中学生以上の年齢になると、英語しか話せない生活環境だけで習得するのは困難で、英会話教室などの補助的な学習環境がないと難しいことが多いようです。

 

また、実用的でネイティブな発音の英会話をする際に重要なのがリスニング力で、ネイティブの英語を正しく聞き取れる能力を英語耳と呼びます。
英語の話せない大人の場合、英語の映画を吹き替え・字幕なしで見ても、一部の単語以外は聞き取ることすら困難に感じるものです。

 

英語のネイティブな発音を正しく聞き取る英語耳は3〜7歳に急速な発達を遂げると言われています。
幼少期から生きた英語(ネイティブな英語)を聞く環境を与えれば、大人や小学校高学年以上から英語を学び始めた人では辿り着けない水準まで成長することができます。

 

このほか、幼少期から英語を学んだ場合、聞き取った言語を英語と日本語で区別して捉えられるようになり、英語を日本語に置きかえて考えるという概念を持たないという大きなメリットがあります。
英会話でスピーディーな返答ができるようになり、日本語との文法が混ざって間違った言い方をしたり、頭の中が混乱したりするリスクを軽減することができます。

 

幼少期に英語を習得する相乗効果

 

英語を学ぶことで高まる想像力

 

幼少期の子どもが英語を習得すると以下の相乗効果が発生します。

 

  • 日本語にはない表現を知ることで想像力が膨らむ
  • 外国人向けの絵本やアニメを見ることで日本人にはない感性が身につく
  • 人種への抵抗・差別が少なくなる
  • 小学校から始まる英語の授業で優秀な成績を残せる(モチベーションアップ、勝ち癖が付く)

 

英語には日本語とは違った表現や言い回しがあり、幼少期から日本語と英語を両方理解できるようになれば表現力が高まります。
また、アニメなど外国人向けの作品を見れば、日本人に不足している感性や価値観が生まれて、人間性が大きくなるものです。
英語ができれば人種への抵抗がなくなり、外国人の友達が増えて将来的に外国人を差別する考え方を持たなくなります。

 

英語の重要性は年々高まり、2020年度からは英語の授業が小学校3年生から始まるようになりました。(2019年度までは小学校5年生から)
小学校の授業で初めて英語を学ぶ同級生に比べて優秀な成績を残すことができれば、勉強のモチベーションも向上します。

 

幼少期から英語を学ぶメリットは語学力を高めるだけではないということを覚えておきましょう。

 

ページの先頭へ戻る